たろぁーるの日記

たろぁーる氏が書いているぶろぐ。主にアニメとかマンガとかテレビの感想と一人言。ネタバレ結構あります。

BEM

感想は書いてなかったが,配信で全部見た。
いわゆる妖怪人間ベムのリメイク物。妖怪人間ベムって,有名な作品でなんども再放送で見てる気がするが,アニメのちゃんとしたリメイクって3回目なのね。ちなみに10数年前のリメイクは見てない。その近辺にあった実写物のリメイクは見ていた。そのリメイクは,まぁオリジナルのストーリや設定に近いけど,妖怪人間と人間の刑事との心の交流を描いたようなオチだったように記憶してる。
今回のBEMをみて最初に驚いたのは三人の人間時の設定が大きく変わっていること。ベムはそうではないが,オリジナルでは人間としても怖い顔のおばさんだったベロが,高校生くらいの可愛い少女に変わっていること。またオリジナルでは純真無垢な小児だったベロが,ゲームセンターに入り浸り無口な中学生くらいの少年になっていたこと。まぁ確かに言われてみれば,こっちの方が今風である。オリジナルのベラとベロは人間形態時も怪物のような外見だったからなぁ。まぁでもあの決してカッコイイキャラだじゃないところが良かったんだけど。そういう意味では今回の三人はよく人間化けてる。
ベラとベロの設定が変わったことにより,主に人間とよく接するのはこの二人で,その分ベムがあまり活躍しなかった気がする。まぁオリジナルも結構ベロが人間と関わって話が回るようなところがあった。今回はどちらかというとベラが結構いろいろやっていた気がする。
一方で定番の人間側の方の理解者はベムが関わりを持つ感じではあった。
単体の作品としてはそこそこ面白い思ったのだけど,妖怪人間ベムというと妖怪人間ベムらしさみたいのも欲しく,ちょっとその辺はものたりなぁという気はした。オリジナルのジャズ風の歌が変わっていたのもちょっと残念。椎名林檎みたいな曲だと思ったら,坂本真綾が林檎の曲を歌っているとあとで知り驚いた。これはこれで豪華なメンツなんだけど,やっぱりオリジナルの曲を作中でもいいからかけて欲しかった。
ということで,オリジナルのアクを抜いて見やすくはなっているけど,その分,ちょっと普通な感じでした。でも面白かったと思います。まぁこれくらいキャラ変えるなら,まだ何回もリメイクして,その度に違うキャラにしたらどうでしょう?。鬼太郎のネコ娘みたいに。

ノー・ガンズ・ライフ 1話

戦争があったため,体の一部を機械化している人間が増えた世界。それ固有の犯罪も出てきた。そのいざこざを扱う「処理屋」をしている乾は頭が銃の形をしている男。ある日乾は一人の男から少年の保護を依頼される。保護していると女が襲ってきて依頼者も混ざり結局女にうばわれる。実は依頼者は中身が空っぽの人形で,本体は保護していた少年だった,という話。
ハードで濃い絵柄のバイオレンスとか刑事物の様子だけど,案外乾のギャグっぽい顔もよく出てきて,軽いノリなのか,ハードなのかまだよくわからない。独特のキャラデザで,漫画原作だなぁと思わせる。スタイリッシュな作品なのか,そうでないのかまだよくわからないので,このまましばらく様子見。

戦×恋 2話

七樹と拓真により敵を撃退したが,次の敵との合間に五夜が拓真とデートしてレベルアップを狙う。しかし敵が現れる。五夜は大人ぶっているが,実はファザコンでウブ,拓真とキスをするのも躊躇,なんとかほっぺにキスをして,パワーアップし敵を倒すという話。
裸を見られても平気で大人ぶってるかと思われた五夜が実はウブでしたというギャップは良かったが,ちょっと作画が緩かった。ちょっとパターン的にも予想の範囲で,キャラが九人もいるが,バリエーションは出せるんだろうか?とちょっと不安になってきた。

炎炎ノ消防隊 12話

浅草での火事の騒ぎの片付けを手伝う第八。第七の新門や相模屋も心を開いていく。第八の話を聞こう,という気になった新門だが,森羅に呼ばれて桜備と火縄の話を聞きに言ったら,二人が町の住民を焔人にする算段をしていた。怒りに震える新門は第八に宣戦を布告する。誤解だという桜備だが,話を聞かない新門とタイマン勝負になる。しかし相模屋中隊が体を張り,その勝負を止める。
伝導者が桜備と火縄に化けていたようだが,逃げてしまったようで,疑いを晴らすことができるのか?。ただ二人にはアリバイはある様子。

Dr.STONE 15話

午前試合,クロム,銀狼,千空だけになり,あとはクロムが勝てば良いとなったが,千空と銀狼が戦い,千空が勝った合間にクロムが気絶してしまい,千空が勝者になってしまう。みんな呆然とするが,千空はルリと速攻離婚。酒をもらってサルファ剤を作る。できたサルファ剤をルリに飲ませるが苦しみだす。その様子からルリは肺炎にかかっていたことがわかり,抗生物質が効いて治る。元気になったルリは千空に語りかける,という話。
村は石神村。千空の名字って石神だったのね。
あと,コーラのレシピってそんなに簡単だったんだ。

昨日のブックマーク(b:id:taro-r:20191012)

(b:id:taro-r:20191012)
連合が力を維持しようとするのであれば,非正規も取り込んだ方が良かったんだろうなぁ,と思う。/アートに行政がお金を出すなら,展示内容の是非を問うたらいけない。トリエンナーレの件はいまだに内容でブツブツいう人が多くてガッカリする。

星合の空 -ほしあいのそら- 1話

桂木眞己は高校生。母親と二人で引っ越してきた。新しく通う学校では,ソフトテニス部があったが,部員はだらけていた。生徒会長が実績のない部は廃部にすると言い出したので,部長の新城柊真はソフトテニス部を強くして実績を作ると意気込むが,やる気のない部員に対し,眞己の抜群の運動神経に目をつけてソフトテニス部に誘う。渋る眞己だが,眞己が母子家庭としると,家事を手伝うとかいいだし,最後はお金を出すと言って説得する,という話。
オリジナルアニメなのか。ネットを見ても情報がない。公式ページのキャラ見たら部員ばかりで,ちょっと気になった女の子が乗ってなかった(苦笑)。キャラデザがソフトで,ちょっと志村貴子ぽいと思ったけど,関係ないらしい。
新城の眞己の誘い方が言い方が自分勝手で,そりゃないだろうと思ったけど,まぁ高校生だとこんなものか。思いが強いという表現なのか。
普通に弱小部活を強くしていく話なのかなぁと思って見ていたら,最後にひどい親が出てきてしんどくなった。子供殴る親って我慢できない。ただ最近こういう悪親が出てくる作品って増えてるなぁ。しんどい。