たろぁーるの日記

たろぁーる氏が書いているぶろぐ。主にアニメとかマンガとかテレビの感想と一人言。ネタバレ結構あります。

小市民シリーズ 2話

いちごタルトをダメにされ自転車もぬすまれたゆき。後日自転車は見つかったらしいが,その話を小鳩としてる時に,小鳩が堂島に呼ばれ,家に行くことに。美味しいココアをいただいたが,堂島の姉が,堂島がどの様にココアを入れたか悩んでいたって話。
堂島はどうやってココアを入れたかの謎かけだった。自転車の話は宙に浮いている。時間は経過してる様なので,あとで種明かしあるのかな?

【推しの子】 13話

アビ子先生,原作者として怒りをぶちまけ,脚本家が下される話。
前回の終わりから少し時間を遡って描きなおし。原作者の鬱憤とさながら,原作者の意図がうまく伝わらない構造も描かれる。脚本家は原作も好きで,努力もしたが,原作者に全否定されて絶望を味合う。
漫画原作者がちょっと変わった人として描かれており,今回は脚本家の方がちょっと気の毒に描かれている。このままおかしなことにならなければいいけど,とちょっとドキドキする。こういう騒ぎに一役者が何かできることはないだろう,と思うが,まぁこの作品だしアクアがなにかするのかもしれない。もしくはあかねが前回キャラが変わってることを指摘し,さらに脚本の都合も理解してることから,何かしら原作者が納得できる芝居を見せるのかもしれないなと思った。
そういえばルビーが全然出てこない。

時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん 2話

高校生久世の隣の席に座るアーリャはロシア人の血を引く美人だが,学校では近寄りが堅い存在で近寄る男どもにまるで関心を示さない。隣の席の久世には悪態をつくが,そのあとロシア語でデレている。久世は実はロシア語を解しているが,アーリャは気づいてない。アーリャは生徒会に入っており,生徒会には久世の幼馴染と言われている,有希がいる。しかし実は有希は久世の妹で,周囲にはそれを隠していた。休日に有希と久世は出かけるが,ばったりアーリャに出会ってしまうって話。
タイトルを見て,なんとなくストーリを想像して1話だけ見ようと思っていたら,つい2話まで見てる。絵が綺麗でアーリャが可愛いのは良い。デレるアーリャが可愛いのはまぁ,想定の範囲だったが2話で,妹アニメだったのか…,とちょっと意外性があって驚いた。しかしあれだけ堂々ど兄妹で過ごしていたら,普通バレるでしょ?苗字が違うのは親が離婚してるという設定なんだろうか?
この作品,何気にパンツの作画に気合が入ってるなぁ。

キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦 Season II 1話

仮面卿の攻撃を退けたイスカとシスベルだが,そのシスベルがイスカたちに近づき,自分を護衛してくれという。ミスミスの紋章を隠すシールの提供のため仕方なく護衛するN07部隊。一方アリスは先に皇国に帰り,女王に報告。そしてシスベルを探しにいくがそこでイスカと出会うって話。
3年半ぶりの続編。前シリーズは結構なお気に入りだったので,実は結構楽しみにしていた。が,キャラデザが結構変わっていて,あと性格も少し違う。シナリオも監督も変わったみたいだけど,どっちの方が原作に近いんだろうか?アリスはあまり変わらないが,りんは見た目も口調も少し違うしシスベルももっと暗かった様な。
とちょっと不安を覚えつつも,あいかわらずなアリスのポンコツぶりに,シスベルが加わって,イスカのハーレム展開という,実際ラブコメ路線で進んでいきそうだ。

昨日のブックマーク(b:id:taro-r:20240710)

(b:id:taro-r:20240710)
ロックの世界では,ペンタトニックで弾いていたらブルースなのかなぁ。/ジュリアン・ラージ,生で見るとどうなんだろう?田舎に引っ越してこういう海外のミュージシャンを見る機会が減った。