たろぁーるの日記

たろぁーる氏が書いているぶろぐ。主にアニメとかマンガとかテレビの感想と一人言。ネタバレ結構あります。

転生したらスライムだった件 閑話

ヴェルドラがイフリートに語る総集編。
話としては特に進まず,総集編だった。
さて,全体を通して。転生したらスライムだった…ということで苦労して,レベルアップしていく話かと思いきや,さいしょのうちに早々にチートな力を手にして,いろんな敵が来ても大して苦労せず乗り越えて国もでかくしていくという話だった。そのせいか,全体的に話が軽く,むしろそれを楽しむ様な話になっていた。まぁそれはそれで良いのだけど,こういうのが今風なんだろうか…とも思った。
その割にはシズだけが妙に重要人物として扱われてるのは不思議な気がした。とはいえ,まぁあまり深く考えなく観るのが正しい視聴スタイルなんだろう。そういう風にみると楽しく見れた。2期もあるらしいので,たぶん見るとは思う。

モブサイコ100 II 12話

爪の幹部芹沢,そしてボスの鈴木との戦い…の話。
芹沢は根は悪人ではなく,鈴木によって救われたので,協力してるということ。それを茂夫の戦いはそれを諭していくという形。そして鈴木とはガチの戦い。力こそを絶対と信じる鈴木と力なんて個性の一つにすぎないという茂夫の戦いでもある。そしてここで新隆も登場。しっかり大人をしてくれてカッコ良かった。

エガオノダイカ 12話 (最終回)

ユウキが陽動作戦をしてる間に,クラルスを止める。レイラはその作業中。ステラがやってくる。レイラはステラが自分の娘と気づくが伝えることなく,ステラを瓦礫からかばい死ぬ。ユウキを助けてというレイラの言葉で,ステラはユウキと一緒にクラルスを止める。かくして,兵器はすべて動かなくなり戦争は終わる…という最終回。
ポカーン。という感じだった。
批判的な事を書く位なら感想は書かない主義なんだけど,ちょっとこの作品はプロットレベルから首をかしげるような話だったなぁ。
いろいろ突っ込みどころは多いのだけど,一つだけ私の心情としてそぐわないのは,兵器を止めようが,結局科学技術が止まってしまえば,食料とかも足りなくなると思われるし,飢えが蔓延したら結局のところ国の治安が下がったり戦争につながるんじゃない?と私が思ってるところ。そういう意味では,そりゃないよ…という落とし所だった。

上野さんは不器用 12話(最終回)

新体操部部長の東川が上野を訪ねてきて,眼キューの調子が悪いというので,上野が直す。その間東川が,馴れ馴れしく上野をいじっていたが,それを見た田中が苦言を東川にいう。田中は自分の事を「ぼく」という東川を男性だと勘違いして不快に思っていた…という話と,手を握ると味が伝わるブレスレットで実験をするが,部長はしっかりと手を握れず真っ赤になってしまう…という話。
最終回だけど,いつも通り,といえばそうなんだけど,上野が照れまくる回だった。少しご褒美なのか?。いつもだったらもっと積極的なのに,おしとやかというか,ちょっとキャラ違わないか?。まぁ実際のところ,攻められると弱いタイプみたいだけど。
全体と通して…。まぁ非常にばかばかしくて楽しい作品。出てくる上野もそうなんだけど,出てくる他の部長も痴女ばっかりで,なんかすごい学校だ(w。その中でいつもクールでずれている田中もすごい。
頭をからっぽにして見れて,ゲラゲラ笑えるのが楽しい時間だった。是非また2期をやってほしい。

かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 11話

夏休み。白銀とかぐやはお互いが誘ってくれなかったので,逢えない夏休みを悶々としていた。あと藤原書記のラーメン話。
結局二人が会う事は無く,勝敗無し。二人が好きあってる事を逆に強調する話になってると思うのだが,これは最終回にむけた溜め何だろうなぁ。あとかぐやの親が出てきて,ちょっとした盛り上がりの予感。
ラーメン話はこれまで全く兆候が無かったので何だろう?と思ったのだけど,主役二人がああだから,息抜きだったんだろうか?

昨日のブックマーク(b:id:taro-r:20190323)

(b:id:taro-r:20190323)
有意が真実ではないなんてわざわざ言わないとわからないのか。確率5%といおうが1%と言おうが,「で,正しいの?」と聞いてくるのが人情だもんなぁ。