たろぁーるの日記

たろぁーる氏が書いているぶろぐ。主にアニメとかマンガとかテレビの感想と一人言。ネタバレ結構あります。

グランベルム 12話

最後のグランベルム ,満月と新月は水晶に決着をつけに行く。水晶は1000年間グランベルムを続けていて,勝ってるのに魔術師になれないという存在だった。満月は新月を守るために水晶と戦うが水晶は最初に新月を破壊する。しかしそれは満月が仕掛けた身代わりであり,新月は逃げ果せる。そして新月の目の前で満月は身を散らす,という話。
まさか新月が死んで人形である満月が生き残るエンドなのか?と思ったら,やっぱり満月が先に散ったか。でも人形の方が主人公という位置付けは面白かったんだけどなぁ。やっぱり満月は生きてる,というエンドにならないだろうか?
水晶が1000年間グランベルム をやらされてる,というのもどうもマギアコナトスの胡散臭さが感じられる。マギアコナトスは新月の様な存在を待っていたとも言えるが,じゃぁ新月はなにが特別のなのか?。もしかしたら自分を消してくれる存在をマギアコナトスは求めているのか?

炎炎ノ消防隊 11話

桜備から語られる第八が作られた経緯。自衛官だった火縄が同僚が焔ビトになってしまうが,自らの銃が清められてなかったため信心深い同僚を撃つことができなかった。街を歩いていると,焔ビトが発生,一般消防士だった桜備と会うが,現場にいた特殊消防隊が焔ビトをずさんに扱うのを見て,桜備と火縄は協力し鎮魂を行い,いずれ特殊消防隊を新設しようと誓い,第八を作った,その際に火縄の部下だった茉希も連れてきたということだった。これまでの写真を分析し浅草に怪しいものがあると思った第八は第七の縄張りである浅草へ行く。浅草では紅丸が大隊長をやっている第七があるが,第二世代と第三世代の力を自在に操る紅丸の鎮魂の現場を目の当たりにする,という話。
第八の過去の話と,他の隊の話。紅丸の様なキャラは,悪党ではない様に思うが,はてさて。

Dr.STONE 12話

ガラスができたので硫酸を取りに行く話。
陶器じゃダメでガラスなのは硫酸だからか。それにしてもガスマスクを先に作るとかすごい。あのくぼ地は,風が強い時に行けばいいとかないのだろうか?。

まちカドまぞく 10話

シャミ子が桃に肉体改造をされる話と,あやしい小倉しおんという生徒にリリス魔改造される話と,妹の良子が桃の家に行ってキラキラな話,あとママが商店街のポイントでウキウキ。
商店街のポイントは呪いでこれまで貯められなかったの?。
エンディングで桃がかちゃかちゃ震えてるのはなんなんだろう?とずっと思っていたのだけど,プロティンを振ってるところとやっとわかった。
だんだん魔法少女の方が腹黒くてポンコツだなぁ,と思う様になった。

昨日のブックマーク(b:id:taro-r:20190920)

(b:id:taro-r:20190920)
目立たない人の話。そういう風に思ったことないなぁ,と考えたら,そういえば随分昔はそう思ったことがあったが,なんか人に期待するからガッカリするんだと思って,思わなくなった。

彼方のアストラ 12話 (最終回)

シャルスが暗殺者であり、船のメンバーはすべてクローンであることが明かされた。しかしカナタはシャルスを許るす。最後の惑星で食料を集めて惑星アストラに向かう途中、シャルスは世界の秘密をみんなに語る。その中で、アストラは地球からワームホールで移住した星であること、移住の前に地球では大規模な戦争で人口が半減したことから、新しい星では宗教や国家という概念をなくした統一国家を作ったこと、その際に歴史も書き換えてしまったこと、そして年号も100年戻したこと、それによりアストラの人々は自分たちが地球から来たことも伝えられてないことが明かされる。メンバーはこのことをアストラに帰ったら公開しようと決意する。また暗殺者により帰ることを妨害されないために、アリエスの母親ルートでウルガーの兄の刑事に頼むことにより、無事アストラに帰った。かくしてクローンを作った親たちは逮捕され、メンバーはマスコミから連日取材を受ける過熱ぶり、そのドタバタでカナタは本を出して大ヒット、キトリーもモデルデビュー、だけどモデルデビューしたシャルスが大人気。あとシャルスはヴィクシア王政地区の王になった。7年後、大人になったカナタたち、本で儲けた彼方は、船を買い戻し、ザックとともに宇宙へ冒険に出る、そしてシャルスも右腕となりついていく、というエンディング。
1時間スペシャル。歴史の秘密以外は大体判明してるので、その説明と、あとは今回の犯人に邪魔されずにどうアストラに戻るか?あたりが緊張感のあるところだが、そのあとは、メンバーの華々しいその後が楽しく描かれたという感じだった。とても気持ちのいい最終回で、深刻な話がだいぶ減ったせいか、テンポのいいギャグが次々と出てきてとても楽しく見れた。
とてもきれいに終わったという印象。少し都合がいい展開もあったが、スピード感重視だったんだろう、良かったのではないか?。
あと、結構カップルも誕生。婚約したザック・キトリーはいいとして、アリエスとカナタも婚約。こちらはアリエスがカナタに好意を持ってるという感じが初々しくて良かった。フニはなぜかウルガーとおそろいの飾りをつけていた。ところでルカは女になったんだろうか?、ポリ姉は30過ぎになったようだけど、付き合う人とかいるのかな?一人昔の人だしねぇ、とちょっと心配な人もいる。
とりあえず、最終回は大満足。全体の感想は別途書くとします。