たろぁーるの日記

たろぁーる氏が書いているぶろぐ。主にアニメとかマンガとかテレビの感想と一人言。ネタバレ結構あります。

虚構推理 6話

紗季の家で九郎と琴子は綱人七瀬を倒すための作戦会議。ネットの噂で作られた怪物なので,それ以上に食いつきのいいストーリを提示すればいい,そのために警察の調査資料が欲しいと,たまたま部屋にあった資料に食いつく琴子。そのあと,現場にいき地縛霊に事情を聞く。結局自殺に近い事故という事実がわかる。その夜,綱人七瀬に紗季の同僚の刑事が殺されてしまう,という話。
会話だけで終わった印象。相変わらず琴子の性格が楽しい。現場の地縛霊の証言調査も,最初からそれをやってろよ,という肩透かし感がこの作品の面白いところか。
ちょっと紗季と琴子の独白が多いところが,説明的すぎる印象があるが,九郎だけ独白がない。本当この人何考えてるかわからない。
もっとも今回は九郎の力の秘密の解説でもあったようだ。そしてネットの裏で誰かが暗躍。